日本の広告美術 明治・大正・昭和 1 ポスター
原弘, 山名文夫

本書は、東京アートディレクターズクラブ(ADC)の創立15周年と年鑑広告美術10巻刊行を記念し、企画・発行されたもの。時代を明治まで遡り、広告美術が制作され、大正・昭和と経てどういう推移を示してきたかを全貌的にとらえた一冊。掲載作品が、それぞれの時代の社会的、経済的、文化的基盤によって制作され、その背後に汲みとれる広告計画や経済活動を探るための手がかりにできるようにと巻末に年表も収録されている。山名文夫による日本の広告美術・概説、原弘によるあとがきも読み応えあります。

初版、函背にアセ・シミ・ヨゴレ少、本体ビニールカバーにヨレ、見返しページと天地にムレ、小口にシミ有。

美術出版社, 1967
25.5×24cm, 270p
ハードカバー | condition: B