Christine Furuya-Gossler Memoires, 1978-1985
古屋誠一
Seiichi Furuya

写真家 古屋誠一が今は亡き妻クリスティーネ(Christine)と出会い、結婚、出産、そして彼女が1985年に投身自殺をするまで、出会いから別れまでの7年間の写真を時系列にまとめた一冊。古屋の代表作「Memoires」シリーズの3作目。

小口にシミ、中ページにシミ少有。

光琳社, 1997
18.3×22.8cm 544P
ソフトカバー | condition: B